世界が注目するCBD(カンナビノイド)とは

 

CBD=大麻草から抽出される科学物質の一種で植物性の成分です。 カンナビノイドは、未だ全容が解明されていないものが80種類から114種類とも言われ、在的な可能性を秘めた 天然化合物として世界で研究が行われております。様々な症状に効果がある事が明らかにされつつ、海外では医薬品として利用されています。

カンナビノイドは、サプリメントとは全く違うメカニズムで人体に作用します。

通常、サプリメントは、食べ物と同じく腸から吸収され数週間〜数か月をかけて、体の細胞を修復します。

しかしカンナビジオールは、サプリとはまったく異なり私たちの身体の中にあるECS活性化し体内にある受容体に直接作用します。

 

体内にあるECS(エンド・カ ンナビノイド・システム)とは

 

体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カ ンナビノイド・システム)があります ECSは人間が生活していく上で欠かせない、感じる事、動作、反応、食欲、睡眠、不安コ ントロール、認知、など基本的な生態系機能の恒常性(バランス)を保つ非常に重要な役 割を担っています。 最近の研究では、ECSは外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化等によって ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々な疾患になる事が 明らかになってきました。

CBD=カンナビジオールは、これらの全身にある受容体(CB1、CB2)に直接的に働きか けることで、本来のECSの働きを取り戻すことができると言われております。

 
 




こんな症状で悩んでいませんか?


CBD(カンナビノイド)は医薬・医療品ではないため、販売者が医療効果を謳う事は薬事法により禁じられています。 特定の疾患や病状に対するCBDの効果・効能に関しては他の信頼できるリソースをご参考ください。 当社はこういった事情により、購入者様の声をより多く頂くことに重点を置いております。



 


購入者様の反響&口コミランキング











 

日本市場に挑戦状!

 
日本市場はまだ高すぎる! 当社の商品が安いのは海外メーカーとの直接取引があるからです。

《CBDパウダー 日本市場の価格一覧と比較》

2020年6月6日時点 日本大手ショッピングサイト『CBDパウダー』上位10商品の価格一覧表

大手ショッピングサイトでは容量1gの商品が9割以上となり、平均価格は7,864円でした。※当社調べ


 

新型コロナウィルス対策

 

 



 

摂取方法


 

摂取目安

初めての方は50mgを目安に1日、2〜3回の摂取から始めてください。

 

一般的にCBDの摂取量は1mgから100mgとされています。

『差がありすぎる!』『アバウトすぎる!』と思われている方正解です!

CBDの摂取量は自らの適量を試すしかありません。

 

安心してください!

CBDは研究の結果、1日に最大1500mgを慢性的に摂取しても、安全で耐用性があることがわかっています。

つまり、大量のCBDを摂取しても問題はなく、またそれが全て効くわけではないので、自らの適量を試していくしかありません。

初めての方は、CBDを体感する・しないにかかわらず、同じ量(例えば1日50mg)を1週間継続してください。

 
 

よくある質問

なぜ御社のCBDパウダーは他と比べて安いんですか?

他社様と比較して私たちのCBD商品が安い理由は、アメリカCBDメーカーと直接契約だからです。あと、こんなことを言うと同業者様にたたかれるかもしれませんが、私達が安いのではなく、他社様が高いだけなのだと思います。弊社事業責任者がCBD事業を決断するまでに、ご家族の幼児アトピーの為にCBDを調べて直接アメリカに行き調査して購入をしていました。当時の日本では今より取扱店舗が少なく、とにかく高額な商品だったのです。CBDが我が子の重度なアトピーを劇的に改善し、同じ思いの親御様の為にCBDを広めたい!という強い意志があります。これだけ良い商品を早く日本中に広めて、適正な価格で供給する事が弊社の使命だと考えています。日本市場の流通が増えれば、弊社だってまだまだ価格ダウンの可能性もあります。

なぜ今世界的にCBDが注目されているのですか?

昨今のアメリカをはじめとする大麻産業の活性化により、以前から注目されていたTHCや『CBD』などのカンナビノイドが持つ潜在的な効用・効果に焦点が当てられています。 日本でもセルフメディケーションの時代と言われ、予防医学の重要性を認識する人々が増えたこともあるでしょう。 また、CBDは従来のサプリメントとは全く異なるメカニズムで、体内の様々な機能をサポートする点、植物由来で薬ではない点がこれらの流行につながったと思います。

CBDは合法ですか?

はい。合法です。原料が大麻草と聞けば、誰だって不安に思う気持ちはよく理解できます。大麻草の2大成分がTHCと『CBD』です。この2大成分の内、THC成分はいわゆる「ハイ」になる成分で日本では違法です。また、このTHCは大麻草の葉や花から抽出することが出来ます。CBDはTHC成分が含まれていない、種や茎から抽出されます。よって、CBD商品は所持しても、使用しても逮捕されることはないのでご安心ください。まだまだ数は多くないですが、全国の店舗や、ネットショップでも取り扱っています。最近では芸能人やスポーツ選手などのSNSでCBDの言葉を目にします。いきなりバズって一気に流行すると考えられています。

CBDの大流行のきっかけはなんですか?

2013年8月にアメリカのCNNで放送された大麻に関するドキュメンタリー番組です。小児てんかんを患う当時5歳の少女が、CBDオイルで劇的に改善した番組が大きな反響を呼びました。テレビ番組を通じて少女が回復し、両親が感激した様子が伝えられるとまさに全米が涙したのです。当時の番組は字幕版のショートバージョンがYouTubeでも確認する事が出来ます。この少女の話はアメリカの大麻解禁のきっかけになったとも言われています。

1番売れている商品を教えてください。

弊社で1番売れている商品はCBDパウダー3gです。お陰様で販売個数6,000個(18,000g)を達成しました。ここ6ヶ月間は毎月新規購入者の増加傾向にあり、リピート率は約77%(範囲2ヶ月間)もあり、CBDに対しての認知とその満足度が伺えます。また、弊社の高CBDパウダーは現段階では日本最安だと思います。ただ安いだけでなく高品質なCBDですので、品質も他社とは異なります。また、弊社が安いのではなくまだまだ日本市場が整っていないので、他社様が高すぎる印象もございます。

ドーピングや違反薬物など、危険性はないのですか?

危険性についてですが、世界保健機構(WHO)はCBDの危険性について一般大衆への健康リスク、及び乱用の危険性はなしと2018年に公式発表をしています。この発表は世界的にも有名なForbesでも発表され世界中で話題になりました。現在日本では違法であるTHCを含むマリファナ(大麻、麻)として他と比較しても、依存性はカフェイン以下となります。さらに2019年、CBDは世界ドーピング防止規定の禁止薬物から除外されすでに多くのアスリートは鎮痛を目的としてカンナビジオールを利用しています。日本でもある格闘技選手の方が、CBDについて発信しているSNSを拝見しました。徐々に日本でも広がりつつあるCBDです。